ブログ

【飲食店を開業するときの資金と内装工事費用について】

 飲食店を開業したいという場合には、いろいろと資金も必要です。

また、物件の内装工事費用なども必要になるため、飲食店を開業したい方は、どの程度の資金、内装工事費用などが具体的にかかるのかという点が気になるところです。

ですが、内装工事をするまでにいろいろと初期費用的なものなども必要になるため、その辺に関しては不動産屋に質問してみることが大切です。

また、内装工事に関してもどのような内装にするのかによって工事費用なども違いがでてくるため、一概にはいえません。

そのため、費用的な面を考慮する場合にはいくらかかるのかというよりも、いくらまで出せるのかという点から話を進めていくことが大切です。

仮に200万程度の予算を予定しているならば、それを利用してどのような内装工事が可能なのかという風に話を持ちかけてみると 比較的話などもスムーズに行える傾向があります。

いくらかかるのかという質問から入ってしまうと、 業者側も返答に困ってしまうためスムーズに話し合いができるように配慮するということも重要なポイントといえるでしょう。

特に、飲食店などお店をしたいという場合には、その準備段階において時間をかけすぎてしまうというのはできれば避けたいところです。

業者側とトラブルとならないようにすることも、飲食店などお店を開業したいという場合には大切なポイントといえるため、 工事に関してもトラブルなくスムーズに行えるようにするためにも、オーナー側もきちんとした対応、 業者側にとってもいいお客さんとなることを意識して話し合いを進めるということが大切です。

ご契約 開業をするまでにいろいろと費用がかかることも事実ですが、 その後もお店が軌道に乗るまでの期間もある程度お金が必要になることもあります。

開業してすぐにお店が繁盛することが理想的ですが、大半はオープンの時には宣伝の状況にもよりますが、 それなりに繁盛した後客足がある程度途絶えることも多いのも実情です。

味がいい、お店の立地がいい、接客がいいなどさまざまな要因によって人気なお店になることもありますが、 ある程度お店が軌道に乗るまでの間、踏みこたえられる資金というのも考慮しておくことが大切だといえます。 飲食店を開業をしたいという気持ちから、行動する方もいるでしょう。

ですが、その道のりはいろいろな業者と打ち合わせ、交渉をしていくことが必要になりそう簡単ではありません。

ですが、飲食店をやりたいという気持ちがあるならば、 納得のいくお店にするためにも業者との打ち合わせや交渉は手を抜かずしっかりと行っていきましょう。

豊富な資金があれば費用的な面で苦労はしませんが、 自己資金では、費用がまかなえないという場合には国金などの融資を受けるという発想をする方もいます。 確かに、不足している分を融資でまかなうというのは一つの方法です。 ただし、手続き、審査などに時間がかかってしまう可能性や事業計画書などの提出などもする必要がでてきます。

そして必ずしも審査を通り、融資を受けられるとは限りません。仮に融資を受けることができたとしても、返済をする必要があるものです。

お店が順調に売り上げを伸ばし、返済なども滞りなく行えればいいですが、 やはりリスク的な面からいって融資を受けるというのは安易に決めるのは避ける方がいいでしょう。

できるだけ自己資金で費用をまかなえるようにすることが理想的といえます。

そのためにも、必要な費用のための自己資金、そして内装工事にかかる費用などに関して、自分が出せる範囲内を業者側に伝えて、 その範囲内で収まる提案などをしてもらうということがポイントといえます。

金銭的な面では、いろいろと難しい問題もありますがうまく予算内に収まるように話し合いを進めるようにしましょう。”


【飲食店の改装工事を成功させる3つのポイント】

飲食店を営んでいる場合には、おいしい料理、そして接客サービスなどによって常連客が増えることによりそれなりの売り上げを維持することも可能です。

ただし、ある程度の年数、営んでいれば、建物自体の経年劣化、店内の汚れなども目立ってきます。

そのような場合には改装工事を行い、お客様が気持ちよく食事できるように飲食店改装しましょう。

飲食店の改装工事を成功させるためのポイントとしては、予算をしっかりと提示しておくことと、

外装や内装工事に関してはお店の外装がきれいである、店内の廊下などがきれいであるなどお店の外装、内装が清潔なイメージを保てることも大切です。

改装工事では、お店の周囲にある住宅や同じようにお店を展開している場合には、 近隣に対しての配慮なども重要だといえます。

飲食店改装で、予算を決めておくというのは大切なことです。

できれば妥協せずに自分のイメージ通りの改装が望ましいといえますが、金銭的な面を考慮しなければ最終的にかなりの高額を請求されてしまうことになります。

そのような状況に陥らないためにも、予算をきちんと決めておきその範囲内でどのような改装ができるのかという点を業者側とよく相談して決めるようにしましょう。

業者側としっかりと話し合いをするということが重要です。 業者側に対してのコミュニケーションもしっかりととることもトラブルなどを回避するためには必要なことだといえます。

予算的な面を伝えることだけでなく、見積もりなどもきちんとチェックしておきましょう。

できれば複数の業者から見積もりをしてもらい比較するというのも一つの方法です。ある程度の相場が把握できる点はメリットといえます。

それ以外にも、見積もりの内容などによって業者などを比較することもできるでしょう。

見積もりの内容がわかりやすいかどうかで、 優良な業者かどうかある程度判断してみるというのも有効な手段といえます。

見積もりで専門用語が多いという場合には、 こちらからすればどのような内容かしっかりと把握することは難しく、

悪徳業者などの場合にはその点を利用して費用を高く見積もっている可能性などもでてきます。

優良な業者ならば内容がわかりやすい、もしくは、こちらが疑問に思うことに対してきちんとわかりやすく説明してくれることでしょう。

このように、見積もりなどによっても、業者ごとの違いがでてくるため依頼する場合には一つの業者だけでなく複数の業者から見積もりを出してもらい、

その中から一番納得のいく優良な業者を選ぶということも大切だといえます。

お見積もり作成

次に、外装や内装に関して店舗のイメージアップをはかるという意味でもできるだけきれいなお店を演出したいところです。

そのため、外装や内装に関してもお店のイメージに合う色合いやお店に来るお客様が気分よくお店で食事ができるような外装や内装を意識しましょう。

改装工事をするということは、ある程度騒音などで近隣に迷惑をかけてしまうことがあります。

昼間の時間帯に工事をするといっても、 多少なりとも迷惑に感じてしまう方がでてきてしまう可能性はゼロではありません。

改装工事をする前に近隣の住人やお店に対して、 挨拶は済ませておくようにしましょう。

挨拶も何もせずいきなり工事をしてしまっては、周囲から不満が出てしまうこともあります。

あらかじめ、工事があるということと予定としてどの程度の期間、行われるかということ、

多少なりとも工事で騒音が発生する可能性などもいろいろと話しておくことは大切です。

リノベーションすることは、いろいろとメリットもありますが工事を成功させるためのポイントなどはきちんと押さえておくようにしましょう。


【貝塚市・岸和田市の飲食店の設備工事の重要性。独立開業するなら設備から】

貝塚市・岸和田市で飲食店を独立開業するのであれば、まずは店内の設備から考えていくことが良いでしょう。

メニューが最適であったとしても店内の設備が不十分であれば、顧客に不快な思いをさせてしまうだけでなく、

リラックスして食事を楽しむことさえままなりません。

まず飲食店で設備工事をするのであれば、顧客側の居住性を高めるための設備を考えていくことが重要です。

例えば、冷暖房は適切に装備されているか、個室の場合は隣の席の顧客が見えないような作りになっているか、カウンターの場合は開放的な空間が確保できているかなどをチェックしていきましょう。

顧客が快適な空間を設備工事によって実現するだけでも、売上が大きく向上していく可能性が高まります。ただし、飲食店の取り扱うメニューによって設備も変更していくことが重要です。

例えば、フランス料理を取り扱っている店舗であれば、店内の設備は広々とした開放的な空間にすることが良いでしょう。

そのためにも、キッチン側を少しだけ狭くして、顧客側を広く設計させます。また、店内の照明も料理が綺麗に見えるように強くしておくことが良いでしょう。

こうするだけでも顧客の満足度は大きく変わります。

逆にエスニック料理を取扱う店舗では、照明を暗めに設定しておくことで雰囲気を楽しむことが出来るのです。

独立開業するにあたり、飲食店の設備工事は顧客側だけでは留まりません。

キッチン側も機能的な設備にしていくことが重要です。

例えば、ラーメン店の場合は夏場は熱中症のリスクが非常に高くなってしまうほど、キッチンの空間は非常に暑くなってしまいます。

室内で水分補給をしっかりしていたとしても熱中症で倒れてしまうリスクはあるので、きちんと空調設備を用意しておくことは重要です。

ただし、そのままエアコンを設置してしまうと、料理の湯気などによって故障のリスクが高まってしまいます。

そこで、可動式のダクトを天井に取り付けたエアコンに設置して、自由に向きを変更できるようにしましょう。こうするだけでも故障のリスクを軽減するだけでなく、冷気に指向性をもたせることができるのです。

キッチンの設備では、調理中に器具が故障しないように信頼性のあるメーカーのものを利用することが重要です。資金が限られていたとしても、頻繁に注文されるメニューが作れないと言った事態に発展してしまうと、その日の売上はゼロになってしまうことがあります。

だから、頻繁に注文されるメニューが確実に作れるようにするためにも、関係する設備は新品のものか信頼性のあるメーカーのものを採用しましょう。

調理用の設備の中では、冷蔵庫の冷媒が無くなったり、電気式のコンロが正常に動かないなどの問題が発生することがあります。

中古品を導入する際には使用年数などをしっかり把握した上で購入します。

高価な設備や調理器具の場合はリース契約という方法もあります。

試験的にメニューを提供したい場合や、期間限定のメニューを提供したい場合に積極的に利用すれば安く済ませることも可能です。

最後にキッチン側と顧客側の間仕切りの問題について考える必要があります。

常にホールに従業員が待機している場合は、間仕切りを作ったとしても問題はありません。

しかし顧客に安心感を与える意味でも、キッチンと顧客側は強化ガラスで見えるようにしておくと良いでしょう。

顧客に提供するメニューを真面目に調理している従業員が見えるので、安心して注文することが出来ます。

逆に顧客側からキッチン側が全く見えない店舗では顧客に対して信頼感を損ねてしまう原因になってしまいます。

間仕切りを使う場合は可能であれば、ガラスで外から見えるようにしましょう。

飲食店の独立開業は夢もありますが、決して簡単なものではありません。

やるからには設備をしっかりととのえて、人気の繁盛店を作ってもらいたいです。


貝塚で店舗工事業者が教える「飲食店のデザインのコツ」~施工(リフォーム・内装工事など)のご依頼はお気軽に~

飲食店のデザインのコツとは?
貝塚の店舗工事(店舗新設、改装・改修など)はTOYOKENにご依頼を

飲食店のデザインを考える際は、お客様の視点でデザインを考えることが大切です。お客様視点でデザインを作り上げると、多くの方に受け入れられる店舗を完成させられます。

「楽しい時間を過ごせるデザインとは何か?」「ターゲットとしている客層が好むものとは?」など、お客様の視点に立って考えることで色々なアイディアが浮かんでくるでしょう。

また、店舗デザインは「個性」について考えることも大切です。他にはない個性をアピールできれば、競合店との差別化が図れます。飲食店のデザインでお悩みの際は、貝塚で活動しているTOYOKENにご相談ください。これまで数々の店舗工事に携わってきた経験を活かして、ご要望に合わせた最適なプランをご提案いたします。お問い合わせは、お電話やEメール、フォームから承ります。

貝塚で店舗工事下請け・店舗の施工(設備の改修やリフォームなど)に関するご依頼をご検討中の方はお問い合わせを
岸和田で店舗工事下請けを行っているTOYOKENでは、店舗工事に関するご依頼を受付けております。店舗新設・リフォーム(設備の改修)・内外装仕上げ工事など、店舗工事に関することでしたら幅広く対応可能です。

「店舗工事下請けを承る企業を探している」「新しく店舗を建てたいので、内装の設計施工を依頼したい」という方はお気軽にご利用ください。インテリアプランナーが一貫して施工監理に携わりますので、安心してご利用いただけます。

店舗工事下請けを貝塚で承るTOYOKENは要望に応じた施工が可能
店舗工事下請けを岸和田で承るTOYOKENは要望に応じた施工が可能

店舗工事下請けを貝塚で承るTOYOKENは、お客様の要望に応じた施工が可能です。豊富な経験を活かして様々な業種の店舗工事ができますので、お気軽にご要望をお伝えください。

限られた予算内で素敵なお店づくりができるように、計画的に作業を進めて参ります。また、アフターフォローも万全ですので、施工後に何かございましたらお気軽にお問い合わせください。プロがスピーディーに対応をいたします。


思い通りの店舗デザインをするために必要なこと

“思い通りの店舗デザインをするために必要なこと前編業者に依頼し店舗改装を施工して頂く際、業者に連絡してから担当者と共に話し合いを進めていく経営者も多いですが、より良い仕上がりになる上に円滑にリフォームが進められるようになるのは、事前に施工後の店舗デザインやレイアウトを考え纏めておく事なので、依頼前に個人的に考えを纏めておき依頼するようにしましょう。 複数ある検討材料の中で最初に考えるのはコンセプトであり、お客様に抱いて頂きたいお店のイメージや価値について経営者自らが認識し導いていきます。 そのようなコンセプトを大きく左右するのが店舗の外観のイメージですが、落ち着いた雰囲気のお店にしたいというコンセプトがあったとしても、木材を基本にした落ち着きがあるお店と高級感がありシックな印象が落ち着くお店では、同じ落ち着きをテーマにしていても施すべき店舗改装が異なるので、業者と正しく共通認識が持てるように具体的な情報が示せるようにしておきましょう。 同様に具体的に纏めておくべき情報として挙げられるのが店内に導入する棚や椅子、テーブルなどであり付随する設備については理想的な物を手配するために時間を要する事もあるので、改装オープンまでに間に合わせられるように早い段階でお伝えしておく事がポイントです。


【飲食店改装のメリットとデメリット】

飲食店改装のメリットとデメリットを考えた改装の注意点。

店舗改装でまず思いつくのが劣化した外壁を塗り直したり

設備交換などを思いつく方が多いと思います。

実際に私もそうです。

ただ、店舗改装はメリットがたくさんあります。

メリットも居抜きと新店舗物件では大きく変わってきます。

今日はそのメリットとデメリットを紹介していきます。

あくまで私の個人的な感想なので参考までにしてください。

【居抜き物件のメリット】

・改装費、設備などを節約することができる

・工事期間の短縮ができる

・新店舗よりも物件が多く出回ってる

・以前から通ってる顧客を取り込みやすい

【居抜き物件デメリット】

・以前の店舗が閉店した理由がある

・設備劣化などで使えない設備などがある

・リメイクに拘りすぎると新店舗よりも費用がかさむことがある

【新店舗物件のメリット】

・自分のこだわりを細部まで出せる

・前店舗のイメージを一新できる

・設備などを新調するので持ちが長い

【新店舗物件のデメリット】

・居抜き物件よりもコストがかかる

・工事期間が長く、オープンまでに時間がかかります。

・オープン後、店舗を認知してもらうまでに時間がかかります。

居抜きも新店舗もメリットデメリットがありますので

予算やオープン時期を考えて物件を探してみてください。

また改装する上で注意することがあります。

1 多額の費用がかかります。

居抜き物件も新店舗物件も店舗改装する上で費用は多額になります。

2 ローンを組めない

費用が多額にかかる上にローンを組むことができません。

原則として現金払いをしてる業者が多いです。

※リフォームの見積りによっては金融機関から融資を受けれる場合もございます。

料金は着工前、工事中、完成後の3分割で支払うパターンが多く

業者によっては着工前、着工後と2分割に分ける場合があります。

依頼する業者さんとよく相談して決めてください。

この2つをポイントに拘りや理想を実現してくれる業者さんを探していきましょう。

一番気になる費用ですが施工費のほとんどは面積で決まります。

店舗の業態によって料金は変わってきますが、面積から概算を出すことができます。

オフィスや小規模の店舗

雑貨店や個人アパレル店、ペットショップなどの小規模店舗であれば

目安として20万いないでリフォームをすることが出来ます。

※ あくまで目安です。内容によってもちろん料金はかわります。

美容室やネイルサロン

美容室やネイルサロンなど水回りの設備を必要とする施設であれば

坪が10~30の店舗だと費用は30万以上と考えてください。

飲食店

飲食店の場合、必ず厨房設備があります。

このため、費用は上がります。

レストラン、居酒屋、barなど坪がバラバラになることが多いので概算が難しいですが

10から30坪の店舗だと30万~50万は必要になります。

費用はあくまで目安ですが改装する店舗の坪を知ってるだけで目安を知ることが出来るので

予算を組みやすいんじゃないでしょうか?

業者によって得意不得意がありますし

大手や個人店によって価格もバラバラです。

お客様の理想を叶える業者を見つけてもらうのが一番などで

お願いする前に、注意点や予算など最低限ことを知ってから依頼してみてください。

岸和田・貝塚の飲食店の改装であればTOYOKENにご依頼ください。

個人だから出来る提案があります。


貝塚でオシャレなカフェやレストランを開業するには、内装のポイントとは

既に多くの飲食店が点在している岸和田・貝塚でカフェ開業やレストラン開業を目指している場合は、お客様に数ある飲食店の中で唯一無二の存在感を感じて頂く必要があるため、

オシャレな内装工事のセオリーに沿って設計デザインをしていく必要があります。

そこで、カフェ開業やレストラン開業を行う前段階において念頭に置いておくべきなのは、

美味しいメニューやドリンクを提供していれば自然とお客様が訪れるとは考えず、第一印象に影響をもたらす内装がきっかけとなって入店して頂く事で、

提供されているメニューやドリンクの味の高さや居心地の良さに気が付き、以後リピーターになって頂けるという仕組みを構築させる事です。

そして、現在は以前に比較してカフェやレストランの内装として用いられるテーマの種類が増加傾向にあり、

特に飲食店の数が多い岸和田・貝塚では各店舗がオリジナリティを高めるべく千差万別のテーマが採用されています。

様々な種類が存在している中で主要になっているのは自然派やスケルトン、ポップや高級感、隠れ家といった5つであり自然派は貝塚・岸和田という大都市の中で自然の雰囲気が感じられるとして人気が高いです。

自然派の内装をデザインするためには自然由来の材料をふんだんに用いるので、

床材としてフローリングを手配し床の全体に敷き詰めつつ、壁面などにはレンガやタイル、石や木を多用します。

また、店内の目に付く様々な位置に植栽を設置し視覚的に緑を感じながら食事をして頂くようにしつつ、腰を掛ける椅子やテーブルも木の温もりが感じられる物を選び、

食器などもウッドプレートにすると大都市の中に居る事を忘れてしまうほど特別な一時を過ごして頂けます。

都会的な雰囲気をより一層高く感じて頂きたい場合はスケルトン系のカフェ開業やレストラン開業が適しており、

スケルトン系のカフェやレストランに共通しているのは床や壁に使用されているコンクリートをあえてむき出しにし、お客様の目に触れるようにする様子です。

コンクリートの上から内壁などを設置する必要が無いので、内装工事に要する費用が抑えられるという利点がある上に、

工期も短くさせられるので可能な限り迅速に開業させつつオシャレさも妥協したくないという希望が実現できます。

スケルトン系の内装工事を行う上でポイントになるのは、天井に位置している設備や配管を露出させつつもオシャレに見せるという事なので、

設備や配管はもちろん照明設備や空調設備に至るまで全てを黒色などの統一した色で塗装する事です。

そして、開業した店舗に訪れて頂きたいお客様の客層がカップルやファミリーに至るまで幅広いという事例では、

全体的に丸みが感じられるポップ系の内装工事を施すとあらゆる客層に足を運んで頂けるようになるので、

路面店はもちろんショッピングモールの中にテナントしてレストラン開業もしくはカフェ開業をする際に最適です。

一方、来店して頂く方が有しているニーズに合致しているお店の雰囲気に仕上げたいのであれば高級感や隠れ家のような雰囲気を前面に出すとオリジナリティが高められ、

高級感を高めるためには店内に採用する色は濃い色に限定し、お客様に腰を掛けて頂く椅子やテーブルもグレードが高い物を選び導入しましょう。

各所に濃い色を採用している中壁面は唯一白色を採用しますが、同じ白色であっても材質により高級感に差異が生じるので、

高級感を高めた内装にするのなら漆喰を使って内装工事を依頼すると良いです。

さらに、岸和田・貝塚の中で都心部とは少し離れた場所に目を目向けて隠れ家のようなカフェ開業やレストラン開業をする際には、

お店に食事やリラックスするために訪れるという明確な目的を持って来店して頂ける事を思慮し、窓から見える風景も内装の1つと考えて設計するとオシャレでコンセプトに合います。


店舗づくりをお考えなら知っておきたい~店舗内装デザインのポイント~

店舗の内装デザインは、店舗の印象に大きく関わってきますので、ターゲットに合わせてしっかりと設計することが大切です。
店舗の内装デザインを考える上で、ポイントの一つとなるのが「照明」です。
人は明るい場所ではイキイキと行動し、暗い場所ではリラックスする傾向があると言われています。

来店してくれた方にどのように過ごしてもらいたいのかを考えて照明を決めることで、顧客の満足度アップにつながります。 またその他に注目するべきポイントとして挙げられるのが「レイアウト」です。

レジや家具の配置など、スタッフの動きやすさや顧客の回転率を考慮することで、スムーズな対応が可能となります。

岸和田・貝塚で店舗工事をお考えの方はTOYOKENにご連絡を~デザイン・設計・内装の工事・リフォームはお任せ!~ 岸和田・貝塚で店舗工事をお考えの方はに貝塚に事務所を構えるTOYOKENにご相談ください。

店舗デザイン・設計・内装の工事・リフォームなど、幅広いサービスを提供しております。
固定概念にとらわれない柔軟な発想を武器に、お客様に最適な空間をご提案いたしますのでお任せください。

どのような店舗をつくりたいのかをお伝えいただければ、プランニング図面やプレゼンボードなどを用いてご説明いたします。
また、アフターサービスも万全です。工事完了後にトラブルが発生した場合は、店舗運営に影響が出ないよう考慮して迅速丁寧に対応いたします。
貝塚の店舗工事(店舗新設、改装・改修など)はTOYOKENにご依頼を 岸和田の店舗工事(店舗新設、改装・改修など)はTOYOKENにご依頼を 貝塚・岸和田(店舗新設、改装・改修など)はTOYOKENにお気軽にご依頼ください。
工事の希望内容をお伝えいただければ、希望に沿ったプラン・大まかな費用を提示し、ご納得いただいた上で現地調査・打ち合わせを行います。 TOYOKENではお客様のご要望を第一に考えておりますので、些細なことでもお気軽にお伝えください。


貝塚市にあるデザイナー美容室の店舗リフォーム

いつもホームページをご覧頂きありがとうございます。

本日は貝塚市にある美容室様の事例を紹介していきたいと思います。

自宅の1室を美容室に改装する内容になります。

ainoa~pieni tila~様

店舗の詳細はこちらから

1席のみのプライベート空間月曜日もopenみたいなので働いてる女性にも行きやすく小さいお子様がいらっしゃる主婦の方も安心キッズスペースも完備しているそうです。

 

施工前にお客様と打合せを行い、お店のコンセプト・オーナーのお好みなどをお聞きした上でご提案させていただきました。
今回のリフォームデザインですがiLIVE田辺弘幸建築設計事務所様とコラボしております。

コンセプトはプライベート空間を大事にしてオシャレな尚且つスタイリッシュなデザインになります。

お店の入口です。

全体的にスタイリッシュに仕上げながら落ち着ける空間にしました。

一人だけの専用空間になります。

ドアから見えないように工夫しています。

シャンプー台はレンガ調のタイルを使い別空間としてデザインしております。

施工完成後、お客様に引き渡ししたところイメージ以上だと大絶賛していただく事ができました。

ありがとうございます。

岸和田、貝塚の飲食店、美容室の店舗リフォームの事ならTOYOKENにご相談ください。

お客様のデザイン・予算などご納得いただけるまで打合せを行いイメージを再現いたします。

 


123