コラム

貝塚で店舗工事業者が教える「飲食店のデザインのコツ」~施工(リフォーム・内装工事など)のご依頼はお気軽に~

飲食店のデザインのコツとは?
貝塚の店舗工事(店舗新設、改装・改修など)はTOYOKENにご依頼を

飲食店のデザインを考える際は、お客様の視点でデザインを考えることが大切です。お客様視点でデザインを作り上げると、多くの方に受け入れられる店舗を完成させられます。

「楽しい時間を過ごせるデザインとは何か?」「ターゲットとしている客層が好むものとは?」など、お客様の視点に立って考えることで色々なアイディアが浮かんでくるでしょう。

また、店舗デザインは「個性」について考えることも大切です。他にはない個性をアピールできれば、競合店との差別化が図れます。飲食店のデザインでお悩みの際は、貝塚で活動しているTOYOKENにご相談ください。これまで数々の店舗工事に携わってきた経験を活かして、ご要望に合わせた最適なプランをご提案いたします。お問い合わせは、お電話やEメール、フォームから承ります。

貝塚で店舗工事下請け・店舗の施工(設備の改修やリフォームなど)に関するご依頼をご検討中の方はお問い合わせを
岸和田で店舗工事下請けを行っているTOYOKENでは、店舗工事に関するご依頼を受付けております。店舗新設・リフォーム(設備の改修)・内外装仕上げ工事など、店舗工事に関することでしたら幅広く対応可能です。

「店舗工事下請けを承る企業を探している」「新しく店舗を建てたいので、内装の設計施工を依頼したい」という方はお気軽にご利用ください。インテリアプランナーが一貫して施工監理に携わりますので、安心してご利用いただけます。

店舗工事下請けを貝塚で承るTOYOKENは要望に応じた施工が可能
店舗工事下請けを岸和田で承るTOYOKENは要望に応じた施工が可能

店舗工事下請けを貝塚で承るTOYOKENは、お客様の要望に応じた施工が可能です。豊富な経験を活かして様々な業種の店舗工事ができますので、お気軽にご要望をお伝えください。

限られた予算内で素敵なお店づくりができるように、計画的に作業を進めて参ります。また、アフターフォローも万全ですので、施工後に何かございましたらお気軽にお問い合わせください。プロがスピーディーに対応をいたします。


思い通りの店舗デザインをするために必要なこと

“思い通りの店舗デザインをするために必要なこと前編業者に依頼し店舗改装を施工して頂く際、業者に連絡してから担当者と共に話し合いを進めていく経営者も多いですが、より良い仕上がりになる上に円滑にリフォームが進められるようになるのは、事前に施工後の店舗デザインやレイアウトを考え纏めておく事なので、依頼前に個人的に考えを纏めておき依頼するようにしましょう。 複数ある検討材料の中で最初に考えるのはコンセプトであり、お客様に抱いて頂きたいお店のイメージや価値について経営者自らが認識し導いていきます。 そのようなコンセプトを大きく左右するのが店舗の外観のイメージですが、落ち着いた雰囲気のお店にしたいというコンセプトがあったとしても、木材を基本にした落ち着きがあるお店と高級感がありシックな印象が落ち着くお店では、同じ落ち着きをテーマにしていても施すべき店舗改装が異なるので、業者と正しく共通認識が持てるように具体的な情報が示せるようにしておきましょう。 同様に具体的に纏めておくべき情報として挙げられるのが店内に導入する棚や椅子、テーブルなどであり付随する設備については理想的な物を手配するために時間を要する事もあるので、改装オープンまでに間に合わせられるように早い段階でお伝えしておく事がポイントです。


店舗づくりをお考えなら知っておきたい~店舗内装デザインのポイント~

店舗の内装デザインは、店舗の印象に大きく関わってきますので、ターゲットに合わせてしっかりと設計することが大切です。
店舗の内装デザインを考える上で、ポイントの一つとなるのが「照明」です。
人は明るい場所ではイキイキと行動し、暗い場所ではリラックスする傾向があると言われています。

来店してくれた方にどのように過ごしてもらいたいのかを考えて照明を決めることで、顧客の満足度アップにつながります。 またその他に注目するべきポイントとして挙げられるのが「レイアウト」です。

レジや家具の配置など、スタッフの動きやすさや顧客の回転率を考慮することで、スムーズな対応が可能となります。

岸和田・貝塚で店舗工事をお考えの方はTOYOKENにご連絡を~デザイン・設計・内装の工事・リフォームはお任せ!~ 岸和田・貝塚で店舗工事をお考えの方はに貝塚に事務所を構えるTOYOKENにご相談ください。

店舗デザイン・設計・内装の工事・リフォームなど、幅広いサービスを提供しております。
固定概念にとらわれない柔軟な発想を武器に、お客様に最適な空間をご提案いたしますのでお任せください。

どのような店舗をつくりたいのかをお伝えいただければ、プランニング図面やプレゼンボードなどを用いてご説明いたします。
また、アフターサービスも万全です。工事完了後にトラブルが発生した場合は、店舗運営に影響が出ないよう考慮して迅速丁寧に対応いたします。
貝塚の店舗工事(店舗新設、改装・改修など)はTOYOKENにご依頼を 岸和田の店舗工事(店舗新設、改装・改修など)はTOYOKENにご依頼を 貝塚・岸和田(店舗新設、改装・改修など)はTOYOKENにお気軽にご依頼ください。
工事の希望内容をお伝えいただければ、希望に沿ったプラン・大まかな費用を提示し、ご納得いただいた上で現地調査・打ち合わせを行います。 TOYOKENではお客様のご要望を第一に考えておりますので、些細なことでもお気軽にお伝えください。


思い通りの店舗デザインをするために必要なこと後編

店舗改装に際して大きな予算を用意する事ができるのであれば、全ての理想を盛り込んだ計画を業者に対しお伝えしてから合計金額を把握するという流れでも構わないですが、予算に限りがある場合には当初の段階でお伝えしておかなければリフォーム工事の途中段階で施工に着手できない場所が生じたり、手配できない設備が現れる事例も珍しくないので予算については同時に新導入する家具や設備、機材に至るまで全てを盛り込んだ金額を提示し予算内で済ませられる内容にしましょう。 そして店舗デザインや新導入する家具、設備や機材、予算を考える事ができたら依頼する業者選びを行いますが店舗改装を専門に行っている業者であっても得意分野が異なるので、目的にしている店舗デザインを得意にしている業者を選ぶべく情報収集に努める事が大切です。 最も良いのは経営しているお店の中で理想像に近い店舗デザインのお店を見つけ出し、オーナーに依頼した業者を質問して教えて頂き自身のお店も同じ業者に依頼する事です。 同業者に業者を紹介して頂くと理想的な店舗デザインが完成する事のみならず、経営者からの紹介で業者を紹介して頂く事により施工費用を割安にして頂けたり、新たに金銭的な負担をせずに付加価値が得られる施工を施して頂ける事例が多いです。 さらに、店舗をリフォームする際に忘却してはならないのが、経営者としての理想があり理想を具現化させたいという気持ちが強くても、お店はお客様に来店して頂き快適かつ高い満足感を持って過ごして頂く事が重要である事です。 特に座席数についてはお店の回転率に直接的に関係するだけではなく、予約の取りやすさや店内で過ごす一時の印象も左右されるので、優雅な雰囲気を高めたいという理由のみで客席とテーブルを減らさないといった考え方を持つ事もポイントです。 そこで、設置する席は1坪につき1席分が割り振られるようにすると、回転率を高めつつ来店し思い思いに過ごしているお客様にとっても窮屈さや忙しなさを感じずに過ごして頂けます。 加えて、店舗改装をするお店が飲食店である場合には、ウェイターがホールとキッチンを高い頻度で行き来するという特性にも意識し、お客様が店内を移動している時にウェイターと交差する機会が少なくさせられるように動線を作りましょう。 中でも全てのお客様が必ず立ち寄るレジはウェイターと交差しないように場所を決め、尚且つレジ周辺は人が集中しやすい場所でもあるので、広めのスペースが確保できるようにリフォームを行う事も優れた店舗デザインには欠かせません。”


思い通りの店舗デザインをするために必要なこと前編

業者に依頼し店舗改装を施工して頂く際、業者に連絡してから担当者と共に話し合いを進めていく経営者も多いですが、より良い仕上がりになる上に円滑にリフォームが進められるようになるのは、事前に施工後の店舗デザインやレイアウトを考え纏めておく事なので、依頼前に個人的に考えを纏めておき依頼するようにしましょう。 複数ある検討材料の中で最初に考えるのはコンセプトであり、お客様に抱いて頂きたいお店のイメージや価値について経営者自らが認識し導いていきます。 そのようなコンセプトを大きく左右するのが店舗の外観のイメージですが、落ち着いた雰囲気のお店にしたいというコンセプトがあったとしても、木材を基本にした落ち着きがあるお店と高級感がありシックな印象が落ち着くお店では、同じ落ち着きをテーマにしていても施すべき店舗改装が異なるので、業者と正しく共通認識が持てるように具体的な情報が示せるようにしておきましょう。 同様に具体的に纏めておくべき情報として挙げられるのが店内に導入する棚や椅子、テーブルなどであり付随する設備については理想的な物を手配するために時間を要する事もあるので、改装オープンまでに間に合わせられるように早い段階でお伝えしておく事がポイントです。