自社デザイン、自社施工の改装業者の強みとは

“住宅や事務所などを改装する場合には、自力で行うよりも改装業者にお願いした方がより確実にそして質の高い仕上がりになります。実際に改装業者を選ぶとすれば、どのような業者があるかを理解しておきましょう。業者の中には、自社施工や自社デザインを得意としているところがあります。このような業者の強みは一体何かといえば、比較的安く施工してくれることでしょう。そもそもなぜ自社施工や自社デザインが安くなるのかといえば、それは下請け業者を間にはさんでいないからです。
通常改装業者は、下請け業者などを間にはさんでいます。どのようなことかといえば、改装業者自体が受け付けとなりお客さんを集めてきます。そして、集めたお客さんの要望などを聞いていき実際に施工するとなった場合その業者が行うのではなく下請け業者に任せてしまいます。その方が効率的だからです。分業のような考え方は、昔から優れているとされており、実際に一つの業者がすべてをやってしまうよりも分業した方がメリットがあることも否定できません。例えば、専門的な知識を持っている下請け業者ならば、その業者を使った方が自分たちが引き受けられる仕事の範囲が広がるといえるでしょう。このように考えれば、下請け業者を使うのも一つの方法です。
ですが、自社施工や自社デザインをしてくれるような会社は、下請け業者を使っていないか狭い範囲でしか使っていない可能性が高まります。この時の最大のメリットの一つが、料金が安いことですがその理由は下請け業者を使っておらず中間マージンが発生しないからです。もし下請け業者を利用するとすれば、その分だけ中間マージンを支払なければいけません。そうすると、その中間マージンの分だけお客さんに請求する金額が高くなるはずです。ですが、自社施工や自社デザインの場合にはそのようなお金が発生しませんのでほかの業者に比べると安く施工してくれる可能性が高いわけです。顧客としても、質の高い業者に依頼するならば、少しでもお金が安い方がよいでしょう。
実際にどれぐらい安くなるかといえば、工事費用の3パーセント程度になります。施工自体が300万円かかるとすれば、およそ9万円ほど安くなることが理解できます。費用が高ければ高いほど、その分負担が少なくなるといえるわけです。
自社施工や自社デザインの業者に依頼するもう一つのメリットは、ある程度自由に設計をお願いできることです。もし下請け業者にお願いする場合には、直接施工してくれる業者に説明することは難しく、たいていの場合改装業者を挟まなければいけません。改装業者からその下の業者に間接的に伝わることになるため、間違って伝わってしまうこともあります。ですが、自社施工や自社デザインの場合には、直接お客さんが施工してくれるあるいはデザインしてくれる業者に話しをするため、ダイレクトに話が伝わりやすいでしょう。それだけでなく、訂正する場所などがあればその都度伝えてすぐに反映してもらうことが可能になるわけです。その結果、より理想とする建物が完成する可能性が高くなります。
それ以外でも、独特のデザインや施工内容にこだわっている業者も少なくありません。自社でデザインや施工を行う場合には、ほかの会社にはないような面白い特徴などがあることが少なくありません。一風変わったデザインなどを利用したい場合や、よりこだわりの施工をしてもらいたい場合には自社で行っているところにお願いすることでそれを実現することができるでしょう。特に、こだわりがある場合にはそのような業者にお願いすることで満足度を非常に高めでくれます。このような点を理解して、業者を選ぶようにするべきです。”


一覧ページに戻る